クリニック

たばこ依存症

「禁煙外来」「禁煙クリニック」――。禁煙指導に的を絞った専門外来である。1994年にニコチンガムが処方薬として登場したのを機に、全国的に開設された。

治療は、まず患者に喫煙が「ニコチン依存症」や「習慣依存症」といった病気であることを強く認識してもらうことからスタートする。ここが最大のポイントとなる。

たばこに含まれているニコチンには依存性があり、依存状態のニコチンが切れてくると、ニコチン離脱症状が表れる。いわゆる「ニコチンへの渇望感」「いらいらしたり怒りやすくなる」「欲求不満」「不安感」「集中困難」「徐脈」などの症状である。

だから、たばこを吸って定期的にニコチンを体内に入れないと普通に生活ができない。これがニコチン依存である。日本人の喫煙者の約40%がすでにニコチン依存の状態に陥っている。

もうひとつが習慣依存。これはたばこを吸う行為自体が生活に組み込まれた状態になっているケースである。

心理面や行動面での依存傾向が進み、自分の意思でたばこをやめるコントロールができない状態は、もはや習慣依存である。

まず、どちらのタイプの依存症であるかをはっきりさせたうえで、治療法はそれぞれの依存のタイプに対応したものとなる。ニコチン依存に対しては「ニコチン置換療法」、習慣依存には「行動置換療法」である。

ニコチン置換療法とは、たばこ以外のもので体にニコチンを補給する方法。具体的にはニコチンガムやニコチンパッチを使う。

ニコチンガムに加え、99年にニコチンパッチが登場したことで、ある施設では禁煙成功率が60%から70%にアップした。

ただし、この数字はニコチン置換療法が終了して2カ月後の成功率で、1年後の成功率となると約30%となってしまう。それでも、成功率30%をはじき出せるのは、チャレンジする人が本気で「たばこをやめたい!」と思っているからである。ガムやパッチに対して依存性が生じることはほとんどない。

行動置換療法は「冷たい水を飲む」「氷のかけらを口に含む」「冷たい水で顔を洗う」などといった行動で、喫煙行為をコントロールしていく方法である。

病気に正しく対応すれば必ずたばこはやめられる。それによって、たばこが与える身体への悪影響から逃れることができるのである。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | たばこ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

日焼け

 日焼けシーズン到来。まだまだ、UVクリームも塗らずにゴルフに興じている人々が多いが、けっしてよいことではない。生活習慣病予防に力を入れているのだから、日焼けも生活習慣病と考えて、徹底的に予防すべきである。皮膚の老化ばかりか、皮膚ガンの原因にもなるからだ。オーストラリアでは園児のうちから日焼け対策がしっかりと行われている。

 実は、日本でも1998年に母子健康手帳から日光浴の重要性、必要性の記述が削除されている。そのことからもわかるように、日焼けには充分に注意すべきなのである。

 その太陽の光で、悪さをするのは紫外線だ。可視光線よりも波長が短く、紫外線の中で波長の長いものからUVA、UVB、UVCがある。ただ、UVC は地表に到達しないので、問題とされるのはUVAとUVBの2つだ。UVAはコラーゲンなどを変性させて皮膚を老化させる。また、UVBは強力なエネルギーを持っており、遺伝子を傷つけて皮膚ガンの原因になってしまう。

 この紫外線が最も強いのが6〜8月で、標高が100メートルあがるに従って紫外線量は1%増加する。

 では、皮膚に紫外線があたると具体的にどのようなことが起こるのだろうか。

◎皮膚に炎症が起こる

これは日焼けのことで、太陽が原因のやけどである。

◎乾燥肌になる

表皮細胞の生まれ変わりが早くなってしまうことから皮膚の水分が失われやすくなる。つまり、乾燥肌になる。

◎シミができる

紫外線から皮膚を守るためにメラニンという色素を分泌し、皮膚が黒くなる。そのときに遺伝子に変異が起きると色素を多くつくり出してしまう。シミである。

◎皮膚の老化

UVAの作用のところで述べた皮膚の老化で、シワの原因にもなる。

◎皮膚ガン、白内障

 遺伝子が傷つくと皮膚ガンになり、紫外線が眼に作用すると、タンパク質に変性が起きて白内障に結びつく。

 このような紫外線の悪影響を防ぐには、長袖の服や日傘、サングラスを上手に利用するのに加え、こまめにUVクリームを塗る。そのときには、自分自身の皮膚のタイプにピッタリ合ったUVクリームを選択すべきである。【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日焼け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

海外での健康管理

海外の医療

海外の医療 Medical Service は、「日本人が日本の医療からイメージするもの」とは大きく違います。日本人は健康な間は何もせず、病気になったら病院に行けば良いと考えがちです。しかし、こういった発想は海外では通用しません。

1. 医療制度: 政府は医療に介入しない → 自分の健康は自分で考える
2. 病院: 病院は患者のわがままを許さない
3. 家庭医: 病気になったら家庭医へ、病気でなくても家庭医へ
4. 診察: 検査や治療は誰が決める?
5. 検査: 検査結果は誰のもの?
6. 医薬品: 薬には危険なものもある
7. 医療費: 海外の医療費は高い
8. 医療保険: 医療保険を選ぶ
9. 救急: 怪我や急病に備える
10. 患者の権利: 海外の医療の方が良いところもある

海外では病院に行く前にしておくべきことが沢山あります。


海外で良い医療を受けるために

■自分の健康は自分で管理する
日本では、「医療保険に関する手続きは、会社や病院がやってくれる。会社や保健所が健康診断や予防接種を勧めてくれる」といった制度になっています。しかし海外では、自発的な意志がなければ、健康診断や予防接種を受けろとは誰も言ってくれません。病院に行けば面倒な手続きを要求されます。医療保険の手続きも自分で行なう必要があります。予防から治療に至るまで、自分の健康は自分で管理するという自覚をもつことが大切です。世界の主流は健康管理ができない人は教育程度が低いと判断する社会です。こういった前提で現地の医療制度を理解すれば、日本より恵まれた医療が受けられる道が開かれているはずです。

■現地の制度を理解する
日本では患者が病院の専門外来を直接受診することが許されています。しかし海外では、最初に家庭医に相談する制度になっているのが通常です。海外の病院は、家庭医の紹介患者を受け入れて、検査や専門治療を行なうオープン・システムを採用しているものが主流です。海外では医師や医療機関に関する情報が多く流れています。現地の医療制度を理解した上で、加入する医療保険と家庭医を選んで下さい。

■医療保険に加入する
日本では健康保険への加入が義務づけられており、保険料は給与から天引きされます。この前提で、医療費の負担は僅かですみます。しかし海外で医療機関を受診する場合、原則として全額自己負担です。海外在留邦人の間では「医療費が高い」という意見が一般的です。医療費の負担を軽減するには、医療保険に加入し、定期的に保険料を納める手続きが必要となります。また医療機関を受診した場合、医療費の領収書などを集めて、保険会社に払い戻しを請求する手続きも必要となります。

■家庭医を決める
海外では、「自分の健康は自分で管理する」のが原則です。しかし時には医師からのアドバイスが必要となる場合もあります。こういった場合に相談する相手が家庭医です。健康であっても家庭医にアドバイスを求めることは珍しくありません。家庭医として適当な医師を決めたら、相談に行ってみましょう。とりあえず赴任前の健康診断の結果を見せて、その結果に対するコメントをもらう口実で受診すれば良いでしょう。そこで現地の医療制度や医療情報を確認することもできます。加入した医療保険が使えるかどうか確認することもできます。一度でも家庭医と相談しておけば、いざ病気になった場合、円滑に診療が進むと期待できます。

■受診にあたっての心構え
海外で診察を受ける場合、医師が患者の意見を聞くことから始まります。患者が黙っていては診療が進みません。言いたいことを簡潔に伝えるため、(1) 何が気になっているのか(熱がある。お腹が痛いなど)、(2) それが始まった時期、その後の変化(改善/悪化の別)、(3) 現在まで別の医師に相談した経験があるか、(4) 今回、何を望んで受診したのか(痛みを止めて欲しい、気になるから詳しく調べて欲しいなど)、といった要点をまとめておきましょう。外国語で病状を説明するのは大変ですが、あらかじめ要点をメモしておけば片言でも何とか通じるはずです。

■健康管理記録を作る
とりあえず、赴任前健康診断の結果をファイルに保管しましょう。海外で検査を受けると、検査結果は患者に渡されるのが普通です。こういった検査記録をファイルに追加してゆくと立派な健康記録ができあがります。医師に相談する際には、このファイルをもって行きましょう。

■怪我や急病に備える
怪我や急病の場合でも、まずは 家庭医に連絡するのが原則です。家庭医の紹介で受診すると手続きが円滑に行なわれます。電話のそばに家庭医と救急時の連絡先を書き留めておきましょう。途上国で公営の救急車を呼ぶと公立病院に運ばれる場合があり、お勧めできません。

■薬局や検査室の利用
海外には、患者の依頼で検査を行ない、患者に結果を渡す市中の検査室があります。また日本では処方箋が必要な薬剤が市中の薬局で購入できる場合もあります。医師の診察を受けないで、こういった検査室で検査を受けて、薬局で治療薬を購入するといった患者もいます。これは患者の自己責任を前提とした対応であって、日本人には原則としてお勧めしません。
posted by Dr.クマ at 14:00 | Comment(0) | クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

糖尿病網膜症

 生活習慣病の代表的疾患「糖尿病」は、「合併症が怖い!」ことで恐れられている病気である。

 その合併症の中でも“3大合併症”といわれているのが、「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」だ。前の2つは悪化すると、それぞれ失明、透析療法に至る。最後の糖尿病神経障害は、手足の感覚が鈍くなり、傷などができたのを放置しておくと壊疽(えそ)に結びついて、足を切断することにもなる。今回は、怖い3大合併症の中から、糖尿病網膜症に注目しよう。

 糖尿病網膜症は、日本における成人の中途失明原因の第1位で、年間3000人以上もの人がこれによって失明している。自覚症状がないまま進行するので、眼科での定期的チェックは不可欠である。

 糖尿病網膜症は、その名称どおり、カメラのフィルム部分に相当する眼の網膜に障害が起こる。網膜には酸素と栄養を送るための細い血管が走っているが、糖尿病によってその血管に障害が起こり、もろくなって詰まってしまう。
 
 初期には症状がないものの、進行すると詰まった先の網膜には血液が届かなくなる。すると、神経細胞が緊急情報を発信し、網膜に「新生血管」がつくられる。この新生血管というのは、しっかり計画的につくられるのではなく、突貫工事でできた血管である。そのため、もろく、少し圧力がかかると破れて、大出血を起こしてしまう。

 さらに、新生血管ができるのに伴って、網膜と硝子体(眼の中心部にある透明なゲル状の部分)の間に、「増殖膜」ができる。増殖膜は収縮しやすい性質をもつ。それが収縮するときに網膜を引っ張り、そのため網膜がクシャクシャに……。その結果、網膜がはがれてしまうのが「網膜はく離」である。大出血や網膜はく離までくると、状態は加速度的に悪化の一途をたどり、失明という最悪の事態に結びつく。

 網膜に少しの出血や白斑ができた程度の初期段階であれば、徹底した血糖コントロールで改善できる。細い血管に詰まりがでてくる中期になると、レーザー光凝固術という治療が行われる。レーザー光を照射して傷んだ網膜を焼く。1週間も経つと、やけど状態が萎縮状態になって、網膜の酸欠は解消される。これによって、新生血管ができるのを防ぐことができる。タイミングとしては、新生血管ができはじめるときが効果的である。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病網膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

片頭痛

慢性頭痛に悩む人は多く、「15歳以上の日本人の3人に1人は慢性頭痛持ち」といわれ、その数3000万人にのぼる。ところが、その中で治療を受けているのは、わずか30%という。その30%の人も、脳腫瘍やくも膜下出血がないとわかると、医師が鎮痛薬を出して終了にしてしまう。頭痛に対応できる専門医の少ないことも頭痛患者を悩ませているといえよう。

さて、この慢性頭痛には「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」「混合型頭痛」とあるが、今回は患者数800万人といわれる片頭痛を紹介しよう。

片頭痛の症状は、頭の左右どちらかが痛むケースが多いが、後頭部が痛む人もいる。より特徴的なのは、こめかみから目の奥にかけて痛みが起こるケースが多いことである。日常的に動いていると痛みが強くなり、入浴したり酒を飲んでも痛みは強くなる。そして、「吐き気」「おう吐」「光過敏」「音過敏」が起こる。

このような症状が起きるのはストレスから解放されたときである。ストレスから解放されると、血管は自然と拡張する。このとき、体の血管だけでなく、こめかみのところを通っている浅側頭動脈や他の脳血管も拡張し、拡張することで周囲を走っている三叉神経を刺激して片頭痛が起きる。このほか、女性には月経時片頭痛も多い。

強い痛みは月に1、2度。そのときは数時間痛みが続く。ただ、片頭痛と長く付き合っていると片頭痛の起きる予兆がわかる人が増えてくる。特徴的な予兆は、「いらいらする」「あくびの回数が増える」「何となく体調が悪い」「閃輝暗点(せんきあんてん)がある」など――。

閃輝暗点というのは、まず水面に光が乱反射してキラキラ輝く光景が視野の中に見える。これが閃輝。その後、一転して暗点に――。20〜30分後にサイン通りに片頭痛が襲う。

これらの予兆をキャッチしたら素早く医師から処方された薬を服用し、暗く静かな場所に横になっているのが1番である。予兆のない人は痛み始めたらすぐに頭痛薬を服用しよう。

2000年4月を境に、頭痛治療は1大変化を遂げた。特効薬の皮下注射薬スマトリプタンが発売されたからだ。以後、経口薬、点鼻薬、口腔内速溶錠(水なしですぐに口の中で溶ける)が相次いで発売されている。

トリプタンにはスマトリプタンを含め数種類がある。いずれも脳の神経伝達物質セロトニンの2つの受容体に選択的に作用し、拡張していた頭部の血管を収縮させて炎症を抑える。加えて、吐き気やおう吐も鎮めてくれる。

1つのトリプタンで効果のないときは他のトリプタンに替えたりして、上手に薬を使うことで片頭痛の人の90%に効果が出ている。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。