クリニック

肺炎

日本人の三大死因は「がん」「心筋梗塞(虚血性心疾患)」「脳卒中(脳血管疾患)」。これはかなり知られているところだが、第4位は? と聞くと、ほとんど答えられないのが現状。第4位は死亡者数約9万5000人(2003年)で肺炎。その95%が65歳以上の高齢者なので、高齢の家族と一緒に住んでいる人は、肺炎の知識を得て、しっかりとサポートしてあげてほしい。

肺炎は細菌やウイルスが原因となり、その種類は多い。ただし、最も多い原因は「肺炎球菌」によるもので、60歳以上の肺炎患者の約46%を占めている。

肺炎はカゼやインフルエンザウイルスの感染がきっかけとなって起こることが多い。それはカゼによって体力が低下し、気管支の粘膜の機能も衰えているところへ肺炎球菌が飛沫感染するためである。

それだけではなく、肺炎球菌は健康な人の鼻や咽喉にもよく見つかるが、症状にでない人が多い。そのような人も免疫機能が落ちると肺炎を起こしやすくなる。症状は「38度以上の高熱」「激しい咳」「黄色の痰」「呼吸が苦しく、速い」……。

それでも「抗生物質での治療を行えば大丈夫」と思っている人が少なくないが、1980年代から抗生物質が効きにくい耐性菌が出現し、徐々にその割合が増えている。そのため、高齢者の肺炎治療は「耐性菌による肺炎」という前提で治療が進められている。

たとえば、内服薬を注射に変更したり、薬の量を増やしたりするのである。ところが、逆に、さらに耐性が強くなるということも起きてくる。そこで、肺炎にかかってからの治療ではなく、予防することが大事になる。

実は肺炎を予防する肺炎球菌ワクチンがあるものの、日本では65歳以上の高齢者の約2%(16万人)しか受けていない。米国では50%が接種している。

予防なので、当然保険は利かないが、その有用性から全国の24市町村がワクチンの公費助成を行い始めた。1度、肺炎球菌ワクチンを接種すると有効期間は5〜7年。米国は2度目の接種も可能だが、日本では1回限り。これに対して高齢者や医師などから改正の声が強く上がっており、将来、米国のようになる可能性もある。

WHO(世界保健機関)の報告では健康な高齢者の4人に3人が効果があった。免疫力の低下する「65歳以上」「肺や心臓に病気のある人」「糖尿病の人」「腎臓や肝臓に病気のある人」「脾臓を摘出した人」は肺炎に感染しやすく重症化しやすいので、充分に考えるべきであろう。

接種するときはインフルエンザワクチンと併用が効果的。その場合は1週間ずらして受けることがのぞまれる。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肺炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

肺炎

 あなたは激しい咳が長く続き、夜も眠れない状態が続いてはいませんか――。

 この咳は痰を伴わない乾いた咳。痰が出る場合は白っぽい痰。高熱を伴う、もしくは微熱と、熱の症状も人それぞれ。

 これは若い人々に増えている「マイコプラズマ肺炎」。重症化し、入院するケースもあるが、そこまで重症化するのは高齢者が多い。

 マイコプラズマ肺炎の原因はマイコプラズマ病原体。この病原体に感染すると、約3週間後に激しい咳などの症状が出る。感染ルートは咳による飛沫感染のほか、接触感染がある。感染力は強いものの、感染したからといって必ず発症するわけではなく、そのときの体調が大きく左右する。ほとんどの人は上気道炎といって、のどに炎症を起こす程度だが、10〜15人に1人が体調の悪さから発症してしまう。

 この段階で的確な治療を受けると問題なく治るが、なかには風邪、インフルエンザ、ほかの肺炎と間違えられたりすることがある。重症化すると「髄膜炎」「副鼻腔炎」「中耳炎」などを起こすこともあるので、咳を侮ってはいけない。

 このマイコプラズマ肺炎は肺炎のひとつ。一口に肺炎といっても実は多くの種類がある。

 そしてなんと、日本人の死因の第4位は肺炎である。2009年には11万2004人が亡くなっている。その多さとともに、もう一点認識しておかねばならないのが、死亡者の95%が65歳以上の高齢者ということである。さらに、60歳以上の肺炎患者の約45%は、肺炎球菌が原因の「肺炎球菌性肺炎」。これはほかの肺炎よりも重症化しやすい。

 そのため、「65歳以上の人」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)など呼吸器疾患のある人」「糖尿病、心臓病、腎臓病、肝臓病などの慢性疾患のある人」「膠原病、関節リウマチなどでステロイド薬や免疫抑制剤を長期間服用中の人」「がん患者」などのリスクの高い人には、肺炎球菌ワクチンの接種が勧められる。インフルエンザ同様、ワクチンで予防できるのであればしっかり対応すべきだろう。

 肺炎球菌ワクチンは1回接種すると約5年間有効。09年10月からは、一生に1回の接種ではなく、再接種が認められている。あくまで予防なので保険適用はなく、自己負担。ただし、自治体で公費助成するところが現時点で約400市区町村と増えているので、自分の住んでいる町で助成の有無を確認してみるといい。もし助成していなかったとしても、前述したようにリスクの高い人はワクチン接種を受けておくほうがいいだろう。インフルエンザの流行時季であれば、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種も可能である。

 さらに、誤嚥性肺炎にも気をつけなければならない。通常、空気は気管に入り、飲食物は食道に入るよう、嚥下機能によってスムーズに分けられている。ところが、風邪などの回復段階に飲食物が誤って気管に入ってむせてしまい、そのときに細菌などが入ると誤嚥性肺炎を起こすことがある。脳梗塞の後遺症があるような人はより起こしやすく、命取りにもなりかねないので十分な注意が必要である。風邪の回復段階ではとろみのついた食事がお勧め。飲み込みやすいので誤嚥を防ぐことができる。

【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肺炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。