クリニック

下肢静脈瘤

  医療は体にメスを大きく入れる手術から、より体にやさしい治療へと進んでいる。

  今年1月1日から、また体にやさしい治療に健康保険が適用となった。その治療は下肢静脈瘤に対してレーザーを用いて行う「血管内レーザー療法(EVLA)」。昨年までは自由診療で行われていたため、治療費は約15万〜30万円程度かかっていたが、これが約5万円になったとあって、血管内レーザー療法を選択する患者が増えている。
 
  下肢静脈瘤とは、脚の静脈に逆流が起こり、そのためふくらはぎや、それより内側の血管がモコモコ、グリグリと盛りあがってしまうもの。女性は血管の異様な盛りあがりで見た目を気にするが、それ以上に症状に辛いものがある。「脚が痛い、重い、だるい」「脚がむくむ」「脚がつる」などの症状で、睡眠が十分とれない人もいる。


 
その下肢静脈瘤は4分類されているが、最も重症なタイプが「伏在型」。下肢には中心部にあって主要な働きをする「深部静脈」と、皮下にあって補佐的な働きをする「表在静脈」がある。表在静脈には「大伏在静脈」と「小伏在静脈」があり、これらが直径8ミリ以上に拡張するのが伏在型である。

  保険が適用されたのはこの伏在型に対する血管内レーザー治療である。これまでメーンの治療は保険が適用されるストリッピング術であった。ストリッピング術は脚の付け根と膝の2カ所を切開して、太ももの悪化した静脈を抜去する。つまり、静脈を手術で取り除くのである。さらに、モコモコとした膝から下の静脈には注射で硬化剤を入れ、二次的に血管に炎症を起こして静脈を閉塞させる硬化療法で対応する。

  一方、血管内レーザー治療は局所麻酔をして膝の内側から静脈に細い針を刺し、その針はりあな孔から細いレーザーファイバーを挿入する。そこでレーザーを照射して内側から静脈をふさいでしまうのである。静脈を引き抜かないので、手術で起こる出血や術後の痛みがきわめて少なく、その点でも体にやさしい治療である。

  このようなカテーテルを使ったレーザー治療は1998年にスペインの医師が始め、日本では2002年から行われている。日本での治療だけを見てもすでに約10年の歴史があり、5年後の成績ではストリッピング術などの他の治療より約15〜20%も良い結果がでている。

  体にやさしい血管内レーザー治療は日帰りで行っている施設もある。ただし、レーザー治療がすべて保険適用になるのではない。薬事認可されたレーザーで治療を行い、治療する医師はレーザー治療の講習を受けていることが条件となる。

【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

下肢静脈瘤

1日中パソコンに向かって仕事をしている人が多くなり、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)で悩む人が増えている。下肢静脈瘤は、その名称通り、足のふくらはぎなどの血管がモコモコと盛り上がる疾患で、特に女性は、その見た目を大いに気にしてしまう。

実際には、「見た目が悪い」だけではなく、「脚が痛い」「だるい」「脚が重い」「疲れやすい」「脚がむくむ」「脚がつる」といった症状がある。

このような症状を引き起こす下肢静脈瘤は、脚の静脈に逆流が起こり、そのために、下肢静脈に瘤状の拡張、変形ができる疾患である。

なぜ、静脈血の逆流が起こるのか――。

静脈は血圧がほとんどない。頭、顔、上肢などの静脈血は重力の法則で心臓に戻るが、胴、下肢は重力に逆らう形になる。実は、静脈ならではの特徴が2つある。1つは逆流を防ぐ弁。もう1つは、脚の筋肉の収縮力である。

筋肉の収縮力を借りているのが深部静脈で、弁の力を借りているのが表在静脈である。この表在静脈には大伏在静脈と小伏在静脈がある。

下肢静脈瘤は重症度の順に以下の4種に分類される。

(1)クモの巣型 直径1ミリ以下で毛髪のような静脈の拡張。小さなクモの巣のようになっている。
 (2)網目型 直径1〜2ミリ程度で、糸のように静脈が拡張している。
 (3)側枝型 (4)の伏在型から分かれている静脈で、直径5ミリ程度の拡張。
 (4)伏在型 大伏在静脈、小伏在静脈の拡張。直径は8ミリ以上にも達する。

血管がモコモコ盛り上がるなど見た目に症状が強く出るのは(4)の伏在型。放っておいたからといって脚が腐ることはないが、脚が重くなったり、QOL(生活の質)が悪化するので治療が勧められる。治療は、軽度であれば日帰り手術。中等度以上でもわずかに1泊2日だ。

軽度の(1)(2)に対しては、静脈瘤硬化療法が行われている。拡張した静脈に硬化剤を注射で入れ、二次的に炎症を起こして静脈を閉そくさせる。時間は10分程度で終了する。

中等症の(3)、重症の(4)については、脚の付け根からひざまではストリッピング術。それも周囲のダメージが少ない「内翻式」で施術する。補助的な静脈なので抜去しても問題はない。静脈の抜き方は靴下を脱ぐようにクルクルと丸めるようなやり方をする。そして、ひざから下は硬化療法で対応する。

治療を受けるクリニックや病院を選択する場合は、やはり数多く治療を行うとともに、より体にやさしい方法を実践しているところを選択すべきである。

生活習慣のワンポイントを読む
posted by Dr.クマ at 13:12 | Comment(0) | 下肢静脈瘤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。