クリニック

高血圧

“サイレント・キラー”と呼ばれる病気をご存知だろうか。音もなく忍び寄る殺し屋・高血圧のことである。

これといった自覚症状もないままに、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞、腎不全を引き起こし、最悪のケースでは「死」に結びついてしまう。日本では2500万人が高血圧ともいわれており、糖尿病、痛風、がんなど数多くの生活習慣病の中で、最も多い疾患となっている。

その高血圧の中でも、いま大いに注目されているのが「早朝高血圧」である。病名のとおり早朝に極めて血圧が高くなる病気で、高血圧の中でも、より死に結びつくような疾患を引き起こすケースが多いことがわかってきたからだ。

アメリカの研究報告で心臓突然死がどの時間帯に起きたかという調査がある。それによると突然死のピークは午前8時から午後11時にやってくる。つまり心臓突然死と早朝高血圧が連携を示していると考えられるのである。

さらに、これは科学的根拠を示すデータではないが、心筋梗塞で倒れ、助かった人々16人に取材を行ったことがある。彼らのうち12人は朝に心筋梗塞を起こしていた。典型的なケースでは、朝7時に目覚め、8時30分に出勤のために家を出て、駅まで歩いている途中に発作が起こっていた。

早朝高血圧では、カテコールアミンという血圧を上げるホルモンの活動が高くなるため、血圧が上昇しやすい。問題は、患者の多くは、実際に血圧が高くなっている早朝に血圧を測るのではなく、循環器内科を受診したときだけ血圧を測るため、病気に気づきにくい点だ。そのため専門医では、家庭で朝と晩に血圧を測ってもらい、血圧手帳に記入するよう指導を行っている。

最近では、患者自身が毎日血圧測定を行うことで、早朝高血圧の実態も浮き彫りになってきた。また、体温計、体重計並みに「血圧計」を揃える家庭も増えている。高血圧が気になる人はまずは1週間でもよいので、朝夕しっかり血圧を測ってみることだ。朝の血圧の平均が「上(収縮期血圧)が135ミリHg以上、下(拡張期血圧)が85ミリHg以上」であれば、専門医での治療が必要となる。

治療の中心は、まずは「生活習慣の改善」である。規則正しい生活、適度な運動、塩分を減らした食事、適正飲酒を心がけ、ストレス過多にならないように注意することだ。それでだめな場合は「薬物治療」に入る。早朝血圧の上が200ミリHg近い人は、徹底した血圧コントロールが必要となる。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

高血圧

 日本の高血圧患者数4000万人。放置すると「動脈硬化」を進行させ、「心筋梗塞」「脳卒中」に結びつくので、症状がないから大丈夫、と放っておくのは禁物。早くから対応するのが大事である。

 日本の高血圧治療を定めた日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインが改訂された。新しい「高血圧治療ガイドライン」が発表され、すでに実施されている。大きな変更点としては以下のようである。

 (1)正常高値血圧でも条件によっては治療が必要になった。
 (2)降圧目標に「心筋梗塞後患者」「脳血管障害患者」が加わり、診察室血圧のみならず家庭血圧の目標値も示された。
 (3)高血圧の軽症、中等症、重症の表記がI度、II度、III度に変更された。
 (4)初診時の高血圧管理計画では、中等リスク群での降圧薬治療は「1カ月後に」から「1カ月以内の指導に」となった。
 (5)第一選択の降圧薬から「α遮断薬」が消えた。

 このほかにもいくつかあるが、大きなものは以上の5点である。

 その中で注目は、メタボリックシンドロームも治療の条件となった(1)のケース。糖尿病などの病気があると正常高値でも「高リスク」になり、直ちに降圧薬治療となるが、辛いのは「中等リスク」のケースである。

 正常高値とは正常血圧の範囲内で130〜139/85〜89mmHg。それでも「糖尿病以外の高齢、喫煙、脂質異常症、腹部肥満などの危険因子が 1〜2あり、またメタボリックシンドロームがある」と、生活習慣の改善や危険因子を減らすための対応を余儀なくされる。

 この場合のメタボは、「正常高値」と「腹部肥満(男性85センチ以上、女性90センチ以上)」が基本としてあり、これに「血糖値異常(糖尿病予備軍)」か「脂質代謝異常」のどちらかがある場合だ。正常高値で“指導”という治療が必要な中等リスク者を含めると、高血圧患者は5500万人というから大変である。

 その改善ポイントは、まさに生活習慣の見直しで、より複合的に修正していくのが効果的であるのは当然である。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。