クリニック

肺結核

“過去の病気”と思われている病気の中には、思い込みにすぎないものもある。

 2009年、女性お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさんが肺結核を患い、大きなニュースとなったが、肺結核を知らない人も意外に多かったようである。

 戦前戦後、日本人の死因第一位だった肺結核。どんどん死亡者数は少なくなったものの、世界的に見ると、今も日本は「中蔓延国」だ。2007年は新しく肺結核を発症した患者2万5311人で、人口10万人あたりの羅患率は19.8人。他国の羅患率はカナダ4.4人、アメリカ4.5人、スウェーデン 5.4人といった状況なので、中蔓延国という表現も妥当だろう。

 そして、死亡者数は07年が2188人でここ10年ほど横バイ状態。死因順位は27位である。

 どっこい生きている肺結核は結核菌が空気感染で肺に入り、そこで増殖して炎症を起こす。この菌を含む痰を飲み込んでしまうと腸結核も併発してしまう。

 症状は咳や痰、微熱、食欲不振、疲労感などで、風邪に似ているため、患者自身は結核と気付きにくい。症状が2週間も続く場合は、単なる風邪ではないと考えて呼吸器内科を受診すべきである。

 検査は「基本的検査」と病原体の決定および治療法選択のための「確定診断検査」が行われる。

 基本的検査で最も有用な検査が「胸部単純X線検査」。そのほか「血液検査」で全身状態を把握する。

 確定診断検査は、いわゆる「細菌検査」である。

 肺結核と診断され、咳などで結核菌をまき散らしている“排菌”状態であれば、入院しての治療となる。

 治療の中心は薬物療法。イソニコチン酸ヒドラジド、リファンビシン、硫酸ストレプトマイシン、エタンブトール、ピラジナミドなどの薬を使う。初感染で軽度のときはヒドラジド単剤で治療。そのほか、結核菌の活動性や薬剤耐性など条件をチェックして2剤から4剤の併用で治療していく。

 薬剤の服用期間は基本的には6カ月だが、これも患者の症状によって数カ月のびることがある。入院期間は排菌がなくなるまでなので、早い人では2カ月くらいで退院となるが平均的には4カ月程度である。

 ただ、薬物療法で注意が必要なのは、きちっと決められた通りに薬を服用することである。治療がうまくいかなかった患者の原因を調べると「自分勝手な服用中止」だったりする。

 薬物療法が今日の肺結核治療の中心ではあるが、その薬物療法でも喀血が続くような場合には外科治療の選択を考えてみるのもよいだろう。

生活習慣のワンポイント読む
posted by Dr.クマ at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肺結核 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。