クリニック

スギ花粉症

  スギ花粉症のシーズン到来。今年のスギ花粉飛散量は全国的には昨年の約5倍、近畿では約10倍、関東では約7〜8倍と、大量飛散が予想されている。それは、昨年の夏が記録の残っている中で最高に暑かったことで、スギに花芽がたくさんついたからである。そして、花粉飛散のピークは、NPO法人花粉情報協会事務局長の佐藤紀男氏(東邦大学理学部訪問教授)によると3月上旬頃という。

  アレルギー性鼻炎を訴える人は年々増加し、この10年で29.8%から39.4%にも増えている。これだけ増えた原因はスギ花粉症の増加が大きな原因と考えられている。

 今年も数字を押しあげそうなスギ花粉症はスギ花粉が原因で起こるアレルギー疾患。人間の体には異物が侵入すると抗体を作り、異物を排除する免疫という働きがある。スギ花粉が体内に入ると抗体が作られ、鼻や目の粘膜にある肥満細胞と結びつく。そこにスギ花粉がどんどん入ってくると、肥満細胞からアレルギーを起こすヒスタミンやロイコトリエンが放出され、特有の症状が引き起こされる。が、「くしゃみ」「鼻水」「鼻詰まり」「微熱」では風邪なのか花粉症なのか患者には判断しにくい。今年初めて花粉症を発症する人ならばなおのこと。

 患者にとってわかりやすい判断材料は「目のかゆみ」。風邪にはないが、花粉症では「くしゃみ」「鼻水」「鼻詰まり」「目のかゆみ」が4大症状である。が、勝手に自己診断することなく、耳鼻咽喉科を受診し、きちっと診察を受け、早期に治療を開始すべきである。

 治療には(1) 「抗原の回避と除去」、(2)「薬物療法」、(3) 「手術療法」、(4) 「減感作療法」などがあるが、基本は(1)と(2)。スギ花粉を回避するために転地するのは難しいので、マスクやゴーグル、花粉がくっつかないツルツルのコートや帽子で回避・除去する。

 もちろんメーンは薬物療法。ところが、この薬物療法に対し、「治療を受けても症状が改善されない」という声が50%近くも占めている。これは多くの医師の処方が第二世代抗ヒスタミン薬一辺倒になっているから、と指摘する声が上がっている。

 薬物療法は「病型」「重症度」に応じて薬を的確に選択し、複数の薬を併用すると、オーダーメード的医療になり、より改善へと向かう。たとえば、「くしゃみ・鼻水型」「鼻詰まり型」「目のかゆみ型」「全身症状型」に分けられ、これに軽症から重症が組み合わされる。

●くしゃみ・鼻水型 ヒスタミンを防ぐ第二世代抗ヒスタミン薬が即効性あり。重症の場合は鼻噴霧用ステロイド薬を加える。

●鼻詰まり型 鼻詰まりに関与するロイコトリエンを抑えるロイコトリエン受容体拮抗薬を使う。重症時は鼻噴霧用ステロイド薬も。

●目のかゆみ型 目の抗アレルギー薬とステロイド点眼薬。ただし、ステロイド点眼薬を使うときは眼圧に十分な注意が必要で、眼科受診が基本となる。

●全身症状型 短期的にステロイド薬の飲み薬と第二世代抗ヒスタミン薬を使う。スギ花粉の飛散前や飛散初期にはヒスタミンやロイコトリエンの放出を抑える遊離抑制薬を使う。

的確な薬物療法を受けるために、主治医に自身の症状をわかりやすく伝える必要がある。たとえば1日のくしゃみや鼻かみの回数を伝える。鼻詰まりが強くほぼ1日中口で呼吸する、といった具合である。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | スギ花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

肺炎

日本人の三大死因は「がん」「心筋梗塞(虚血性心疾患)」「脳卒中(脳血管疾患)」。これはかなり知られているところだが、第4位は? と聞くと、ほとんど答えられないのが現状。第4位は死亡者数約9万5000人(2003年)で肺炎。その95%が65歳以上の高齢者なので、高齢の家族と一緒に住んでいる人は、肺炎の知識を得て、しっかりとサポートしてあげてほしい。

肺炎は細菌やウイルスが原因となり、その種類は多い。ただし、最も多い原因は「肺炎球菌」によるもので、60歳以上の肺炎患者の約46%を占めている。

肺炎はカゼやインフルエンザウイルスの感染がきっかけとなって起こることが多い。それはカゼによって体力が低下し、気管支の粘膜の機能も衰えているところへ肺炎球菌が飛沫感染するためである。

それだけではなく、肺炎球菌は健康な人の鼻や咽喉にもよく見つかるが、症状にでない人が多い。そのような人も免疫機能が落ちると肺炎を起こしやすくなる。症状は「38度以上の高熱」「激しい咳」「黄色の痰」「呼吸が苦しく、速い」……。

それでも「抗生物質での治療を行えば大丈夫」と思っている人が少なくないが、1980年代から抗生物質が効きにくい耐性菌が出現し、徐々にその割合が増えている。そのため、高齢者の肺炎治療は「耐性菌による肺炎」という前提で治療が進められている。

たとえば、内服薬を注射に変更したり、薬の量を増やしたりするのである。ところが、逆に、さらに耐性が強くなるということも起きてくる。そこで、肺炎にかかってからの治療ではなく、予防することが大事になる。

実は肺炎を予防する肺炎球菌ワクチンがあるものの、日本では65歳以上の高齢者の約2%(16万人)しか受けていない。米国では50%が接種している。

予防なので、当然保険は利かないが、その有用性から全国の24市町村がワクチンの公費助成を行い始めた。1度、肺炎球菌ワクチンを接種すると有効期間は5〜7年。米国は2度目の接種も可能だが、日本では1回限り。これに対して高齢者や医師などから改正の声が強く上がっており、将来、米国のようになる可能性もある。

WHO(世界保健機関)の報告では健康な高齢者の4人に3人が効果があった。免疫力の低下する「65歳以上」「肺や心臓に病気のある人」「糖尿病の人」「腎臓や肝臓に病気のある人」「脾臓を摘出した人」は肺炎に感染しやすく重症化しやすいので、充分に考えるべきであろう。

接種するときはインフルエンザワクチンと併用が効果的。その場合は1週間ずらして受けることがのぞまれる。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肺炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

歯周病

歯を失う最大の原因は、今は虫歯ではなく「歯周病」。歯の周囲に付着したバイオフィルム(細菌叢を表すプラークのこと)は歯面に沿って下へ下へと降り、歯肉との間を下へと入っていく。そしてバイオフィルムの毒素で、まずは歯茎に炎症が起きる。

炎症は人間が体を守ろうとする免疫反応。ここに白血球等が集合するため、血管は太く壊れやすくなり、出血も起きやすくなる。これが歯肉炎の状態で、歯周病の第1段階。ここで抑えないと歯周炎、いわゆる歯槽膿漏症となる。

さらに進むと歯が埋まっている歯槽骨が退き、歯を支えきれなくなって歯は抜け落ちてしまう。歯肉に炎症が起きた場合は、なにはともあれ、歯周病の専門医を受診すべきである。

診察では問診の後、赤い染め出し液を使って「プラークスコア」をチェック。次に歯と歯肉の間のポケットの深さをはかる。深さで重症度がわかるし、歯周ポケットにプローブを入れて出血するようならば、炎症があり、バイオフィルムが付着している証拠。

このほかに、ピンセットで歯を動かしてみる「動揺度検査」、歯槽骨の状態をみる「X線検査」などを行って診断を下す。

ここで歯周病と診断されると、治療に入るが、すべて歯科医だけの努力で歯周病を治すのではない。歯肉より上は患者が責任を持って磨き、歯肉より下は歯科医が責任を持つことになる。

実際に、歯肉縁下のバイオフィルムを歯磨きだけで減らすのは至難の業。それが歯石となると除去は難しい。

歯周病の原因であるバイオフィルム、そして歯石を取り除くには、スケーラーという器具を使って削り取る。奥深いところを削るには痛みが生じるので、局所麻酔をかけて行う。今はスケーラー以外に、超音波で刃の先端を振動させて歯石を除去する「超音波スケーラー」が使われている。

歯周病が重症になると歯肉を切開して歯石を除去する外科的治療も行われる。

治療後は、患者自身がバイオフィルム・コントロールをどれだけしっかりできるかがカギになる。もちろん基本は毎食後の歯磨き、ブラッシングである。

これがしっかりできないと、元の木阿彌になってしまう。結果、歯が支えを失って抜けてしまう。こうなると高度先進医療の世話になるしかない。それには「GTR法」と「エムドゲイン法」がある。

「GTR法」は患部を清潔にし、歯肉と歯槽骨の間に自然吸収膜を入れて歯槽骨を覆う。さらに歯肉もその上に覆うようにして縫い合わせておくと、4〜6週間後には歯周組織ができ始め、半年後には歯周組織は再生している。いわゆる先端をいく再生治療である。

一方、「エムドゲイン法」は歯根ができるときにある種のたんぱく質が分泌され、それにより歯周組織ができる点を利用した再生治療。ブタの歯の周囲から抽出されたゲル状のエムドゲインを患部に塗って行う治療である。

両方とも口腔衛生を保持できる患者と歯科医があって初めてできることである。【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳ガン

乳ガンによる死亡者数が、毎年着実に増え続けている。1990年は5848人だったのが95年は7763人に、そして2001年は9654人と、このままでいくと1万人の大台に乗りかねない。また、アメリカでは年間18万人、日本でも毎年4万人に乳ガンが見つかっている。

乳ガンでは、かつては胸の筋肉まで切除してしまう「ハルステッド式」が当然のごとく行われていた。しかし、今日では、ほとんどが「胸筋温存乳房切除」と「乳房温存療法」である。とりわけ、早期発見の場合には、乳房を残す乳房温存療法が行われ、この手術法だけで手術の約40%を占めるようになってきた。

しかし、この手術法を用いても、左右同じ形で温存できるケースはごくまれで、温存とは名ばかりということも多い。だからこそ、多くの人々が乳ガンを薬で完治できる日を待ち望んできた。
その願いへの橋渡しとなるであろう究極の乳ガン手術法が、ついに日本に上陸した。「MRガイド下集束超音波手術(略称=FUS)」である。十数年の歳月をかけて米国ハーバード大学医学部で開発された装置を使った手術である。

MRI(核磁気共鳴画像法)で乳ガンの場所を確認しながら、超音波のエネルギーを患部に1点集中照射し治療する。

簡単に説明すると、虫メガネを使って太陽光線を黒い紙の1点に集中させ、焼く原理と同じである。太陽光線を超音波に置き換えたのがFUSということになる。ガン治療のひとつに「温熱療法」があるが、その療法のひとつである。

この療法では、ガン細胞の部分だけが60〜80度で熱せられるので、42度以上では生きられないガン細胞は壊死する。照射は1箇所につき約20秒、続いて約90秒クーリング(冷やす)を行う。これを30〜40回繰り返して、ガン細胞を焼灼してしまう。局所麻酔も必要なく、患者は鎮痛薬を服用するだけ。だから、日帰り手術だ。

ハーバード大学ブリガム女性病院をはじめ、いずれも超一流といわれる7施設で臨床試験が行われ、8施設目として、日本のブレストピアなんば病院(宮崎市)が、今年4月の第3段階から臨床試験に参加している。すでに11例(自由診療1例含む)の治療が行われ、ガンの消失をみた。今秋からは第4段階に入る。現時点では直径3センチ以内の早期乳ガンが対象で、近々一般の患者への治療も開始する考えという。希望者には、あくまでも臨床試験中であることを十分納得してもらってからとなるが、乳ガンの手術の進歩は最終段階に入ったといっても過言ではない。
【生活習慣のワンポイント】を読む
posted by Dr.クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリニック

慢性腎臓病

慢性腎臓病

 健康な人の腎臓の状態を100%とすると、30%以下の状態が腎不全で、末期腎不全となるとほぼ透析療法となる。

 今、「透析療法」を受けている日本人は約27万人で、毎年約1万人ずつ増えている。原因は腎臓病。腎臓が機能を果たせなくなった状態を腎不全という。健康な人の腎臓の状態を100%とすると、30%以下の状態が腎不全で、末期腎不全となるとほぼ透析療法となる。

 人口あたりの透析患者数は日本が世界で最も多く、腎不全の患者数も確実に多いとあって、その予防に積極的に取り組んでもらうために、「慢性腎臓病」という病名を広く使うこととなった。

 腎不全に至る三大疾患は「糖尿病性腎症」「慢性腎炎」「腎硬化症」だが、これらがすべて慢性腎臓病なのである。以下の(1)(2)のうち、いずれかの状態がある、もしくは2つが3カ月以上続いている状態をいう。(1)尿検査などで腎臓に明らかな障害が認められる。(2)腎機能が健全な人の60%未満に低下している。

 進行すると透析療法のみならず、心筋梗塞や脳梗塞といった血管病に結びついてしまう慢性腎臓病。その腎臓の働きは大きく4つ。

(1)血液をろ過して尿をつくり、老廃物などを排出する。
(2)体内の水分量をコントロールするとともにナトリウム、カリウム、カルシウムなどの電解質もコントロールする。
(3)血圧や骨代謝をコントロールするホルモンや、赤血球産生ホルモンのエリスロポエチン、ビタミンDの産生にかかわる。
(4)体のpH(弱アルカリ)や浸透圧を調節する。


 腎不全になると、このような重要な働きができなくなってしまう。老廃物のろ過ができないので体内に老廃物が蓄積され、吐き気や脱力感が出てくる。水分や塩分が体内にたまるので、高血圧、浮腫、心不全になりやすい。そして、心不全から肺に水がたまる肺水腫も起こす。

 また、腎臓でのホルモン産生ができなくなると、貧血や骨がもろくなってしまう。酸の排泄もできないので体内が酸性化して生命の維持が難しくなる。だからこそ、慢性腎臓病も早期発見が大事。だが、腎機能がかなり低下するまで無症状で進行するため、定期健診で、「たんぱく尿」や「血尿」として発見されることが多い。尿検査などのチャンスに発見されることから、「チャンスたんぱく尿」「チャンス血尿」といわれている。これを素直に“ラッキー”と受けとめ、精密検査を受けるといいだろう。

 精密検査では「尿検査」「血液検査」「腎機能検査」「画像診断」などが行われる。もちろん、慢性腎臓病は高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病が原因となること、また、それを悪化させることが多いので、そのチェックも忘れてはいけない。このほかに、喫煙習慣のある人、高齢者、家族に慢性腎臓病の患者がいる人もリスクは高いので、注意が必要である。

 慢性腎臓病と診断されたら、医師と患者の二人三脚で歩むことが重要。治療は「生活療法」「食事療法」「薬物療法」の3本柱が基本となる。

 その中の薬物療法は血圧のコントロールが大事なので「ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)」や「ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬」を使う。これらは腎臓保護の基礎薬でもある。

 そして、腎臓に炎症のある場合には、それを抑える「ステロイド薬」と、血液をサラサラにする「抗血小板薬」や「抗凝固薬」などが症状に応じて使われる。
生活習慣のワンポイントを読む
posted by Dr.クマ at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 慢性腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。